当ペンションの公式ホームページは⇒コチラ

2010年07月18日

ジャム工場

皆さん、おはよう御座います

今回はさくらんぼジャムでは有りません、福島県伊達地方の

杏を使った
歩野慕野謹製のあんずジャムです。今年もくずの杏

が大量に手に入れる事が出来お陰で沢山作る事が出来ました。

出来栄えも、自画自賛ですがとても美味しく出来ました。

あんずジャムも八月御来店のお客様、先着15家族様に差し上げ

たいと思います。


尚、あんずジャムは簡単に、どなた様でも出来ますので

作る手順を明記しておきます、宜しかったら参考に

してチャレンジして下さい。

今回は、18キロの杏を使いました。杏を売っているお店で

熟れ過ぎて売り物に成らない柔らかい物を、安く買うのが

ポイントです。オーナーは2,000円で買い叩きました。


2010_07170004.JPG

売れ残り品ですが、オレンジ色の良い物でした。

まず、杏を簡単に水洗いし、良く水切りをしてから使用して下さい。

2010_07170014.JPG

桃の様に割れ目が有りますので、それに沿って包丁で切れ目を
入れ、そこから手で割り種を出して下さい。

2010_07170015.JPG

全部種出しが終わったら、グラニュー糖か(白砂糖でも可)
オーナーは埼玉の寅子ちゃんに白砂糖を沢山いただいて
いましたので、それを1・8キロ使用しました。
その時、色付けを良くするため少量のクエン酸を入れて下さい。
(レモン汁)でも可

2010_07170021.JPG

最初は、水が上がる迄はとろ火で、煮はじめて下さい。
30分もすると飽くが浮き出して来るので、こまめに
取って下さい。

2010_07170023.JPG

2時間も煮詰めていると、とろみも出て来ますが焦がさないように
竹べら等でお鍋の底をかき混ぜて下さい。

2010_07170001.JPG

トータル3時間程煮詰めましたが、火の気から離れづ焦がさないように
飽く取りを行って下さい。煮終わって冷めると色・つやも良く仕上がりが
思っているより、固まって来ます。

2010_07170008.JPG

保存料・着色料を使用していませんので、冷めてから、
瓶若しくは保存容器で冷蔵庫で保存して下さい。


純子ママからひとこと
  ☆ジャム作りに精をだすYさん 大助かりですが、
   連休初日 ガス台は占領されるし 少々オカンムリ
   でも 美味しく出来ました。ヨーグルトに最適
   お疲れさん。   













posted by やまちゃん at 12:33| Comment(0) | 季節の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。