当ペンションの公式ホームページは⇒コチラ

2009年11月27日

ベーコン作りのお問い合わせの件

お久しぶりです、ブログ書き忘れていた訳では

無いのですが、オーナーも人並みでしょうか

簡単な風邪に似たような症状になり医者の

薬をいただき、一週間ほどぶらぶらしていました。

熱も出づ、咳が出る程度でしたので寝ずに済みました。

今日は、いつもの様に頑張っています

ところで、冬の予約の際ベーコン鍋のご指定が 
 
多く入ります、やはり冬は鍋ものですかね、そこで

今日はベーコンを切らさないようにする為、大分

焼きましたので、作り方を写真で簡単に説明ます

興味のある方は家庭でも出来ますのでチャレンジして

見て下さい。今回は10キロ焼きましたので

それに見合う塩漬け調味材料の分量です。

『材料』

豚バラ肉  (1キログラム×10)

粗塩     500グラム

三温糖    100グラム

「スパイス」

セージ     15グラム

オールスパイス  5グラム

黒胡椒      少々


ベーコン塩漬け01.jpg

@ 豚バラ肉は購入した段階では脂肪部分が多く付いているので
  塩漬け前に余分な部分は(成型)切り落としておきましょう。

A 粗塩・三温糖・セージ(粉末)・オールスパイス・黒胡椒
  も前もって良く混ぜ合わせておきましょう。

B バラ肉をバット等の中で上記Aの良く混ぜ合わせた物を
  肉の裏表全部に良くすりこむ

ベーコン塩漬け02.jpg

@ 塩漬が終わったら、大きめのバットに入れ(3〜4日)
  ねかせる、時間が建つに従って肉から水気がかなり出てくるが
  捨てないように。

ベーコン塩抜き01.jpg

@ 塩漬けされたバラ肉を漬け汁から取り出し、真水で良く洗う
  (洗っただけでは塩は抜けません)

A また、洗ったバラ肉をバットに入れ、上から水道水で流水状態に
  まる、一日良く塩抜きをしましょう。

ベーコン釜入れ01.jpg

@ 塩抜きされたバラ肉をバットから取り出しタオル等布で
  良く拭いて水気を取り除いてから、窯入れをする。

A 窯は、現在熱源を600ワットの電熱器を使用しています。
  チップはナラと山桜を混ぜて使用しています

B 窯入れしてから、90度の温度で約5時間程じっくりと
  焼きあげます。
 
ベーコン釜出し01.jpg

@ 窯出しされたバラ肉はひとまず1〜2時間吊るし落ち着けます。 

ベーコン風干01.jpg

@ 風干(お天気が良ければ)寒い夜空に干すことが出来れば
  一晩でOK 寒風干は肉が締まって美味しく出来ます 

ベーコン出来上がり01.jpg

@ 出来上がりのベーコンです。スライスする場合は冷凍を
  してから切ると薄くスライス出来ますよ。是非チャレンジ
  してみて下さい。お分かりにならないところはお問い合わせ
  下さい。




posted by やまちゃん at 18:02| Comment(1) | 手作りベーコン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も、楽しみにしています。
その時生ベーコンも食べたいです。
Posted by 埼玉のS.T at 2009年11月28日 16:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。